風邪を早く治す方法

 

 

 

前回の続きの話となります。

 

どんな風邪にも共通する治し方。

それは、
『薬を用いず、熱が上がるように、無理のない範囲でいつも通りの生活をする』
そして、
『熱が平熱以下のときにのみ、体を休める』
これだけです。

他は、要りません。

 

風邪は、どんな風邪でも熱が出るものです。
熱を出すために、風邪を引くのです。
体が熱を出したい、欲求があるのです。
熱を出して、体にある硬結を溶かすことが、風邪の目的なのです。

 

ですので、熱さえ終わってしまえば、風邪を引いている理由はなくなります。
風邪を早く治したいなら、熱を抑えず、上げてしまうことなのです。
体を十分温めたり、温かいお湯やスープを飲んだり、後頭部を温めたりすることです。
汗が出るように過ごす、と言っても良いくらいです。


図を見てください。

 

 

 

これが、時間と熱の関係です。


このように体が出したい熱の粋まで持っていかないと、風邪はなかなか消えないのです。

 

例えば、薬で抑えると、熱は上がらないけど、いつまでもダラダラと微熱が続きます。
体が不完全燃焼状態だからです。
そして、体が変わらないので、体はリフレッシュできず、鈍いままにないなる。

 

風邪を引く → 薬で抑える → 風邪を引く → 薬で抑える …
を繰り返すと、少しづつ体も心も鈍くなり、

周りから疎まれる性格になったり、大病を拵える体になっていきます。

 

この時、カワイソウなのは、「気が付かぬは、本人のみ」という状態になるからです。
体も心も鈍るので、自分のことを客観視できないし、おかしいと思う感性すらなくなるのです。
そして「世の中、オレの人生、こんなもんだろ」と、うそぶくようになるのです。

家族や会社の人など、身近な人は実に大変になります。

 

 


このように風邪を薬で治すメリットは、何もありません。
なので、風邪になったら、無理のない範囲で通常通りの仕事をして、過ごすことです。
なるべく大事にせず、積極的に熱が上がるように、体を使っていくことが、秘訣です。
お風呂に入ることも問題ないですし、脚湯を積極的にして頂ければと思います。

 

一点注意があるとしたら、平熱以下の時期を含めた風邪の期間は、体を冷やさない工夫は、必要です。
汗を引っ込ませることは、避けてください。
冷えには、よく注意してください。

冷えることは、余分に風邪が長引く最大の原因になります。

 

ちなみに咳風邪はあまり高熱にはなりませんが、腎臓系統の風邪は高熱になります。

 

 

 

熱を上げられるのなら、できれば40度を目指して頂きたい。
40度になると、風邪の経過後が全く変わってくるからです。
高熱が出せるということは、その体の体力がまだある=若いという証拠なのです。

40度の風邪を経過した後の爽快感、これは人間をしているなら是非一度は体験して頂きたいエクスタシーです。

ただし、肺の弱い人は、少し注意が必要です。

 

風邪を経過した後の快感を、少しでも多くの方が実感して頂ければ、幸いです。

天心会へようこそ!吉田直樹です。
天心会へようこそ!吉田直樹です。

ディマティーニ・メゾッド

A面B面C面

ダウンロードは、こちら↓↓

2015DMformA_C_JPN (2).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 209.8 KB