● 部分浴とは

 

 

気になる部分の疲労回復や、病気・症状の改善に役立つものです。

時間は、4~6分程度。

温度は、47~48度の熱めのお湯につかり、

じんわりと汗をかくようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 部分浴をする時の注意点

 

 

・つけた部位をお湯から出した時に、その部位が真っ赤になっていればOK!

 

  手や足などで一方しか赤くならない場合は、

  赤くなっていない方だけさらに2~3分継続して温めます。

 

  この時、注ぎ湯をして、温度を一定に保ちます。

 

 

・部分浴をした後は、乾いたタオルでつかった部分を、

  細かく良く拭い下さい。

  冷やさないようにします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 部分浴の種類

 



足湯

脚湯

腰湯

肘湯  etc

 

 

 

 

*夏などで暑すぎる場合は、

   クーラーなどをつけて、環境を整えた上で行ってください。

 

 

*効果が高いので、反応が強く出る場合もあります。
 自己責任で、気持ちの良い範囲で、行って下さい。 

天心会へようこそ!吉田直樹です。
天心会へようこそ!吉田直樹です。

ディマティーニ・メゾッド

A面B面C面

ダウンロードは、こちら↓↓

2015DMformA_C_JPN (2).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 209.8 KB