肘湯の方法

 

  

        ~ 頭を休め、呼吸器を弛める最高の方法 ~

 

 



● 効果 ●

 

・夜グッスリ眠れます。

・胸がスッキリと楽になります。

・空想が明るくなります。

・腕が軽くなります。

・発汗を促し、胸周りのコワバリを弛めます。

 

・下記の症状が、緩和されます。

気管支系の症状、肺炎、寝ちがい、肋間神経痛、肘の痛みの緩和、

腕の疲れ、食欲過多、胃痛、疲れているのに眠れない、

目が冴えてしまう、鬱、気分が沈みがちetc

 

 

 

 

 

肘湯の道具セット
肘湯の道具セット



● 準備するもの 6点 ● 

 

・温度計

・時計

・46度のお湯

・さし湯用のお湯(ポットなどで準備)

・乾いたタオルを必要数

・肘から伸ばした指先までが、入る長さの容器 
(CD収納ボックスケース、タライ、洗面台 etc) 

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~く見ると、47度!
イザ、肘湯!

 

 

 

● 方法 ● 

 

 ① 水をコップ一杯、飲んでから始める 

 

 ② 左右の肘~指先を、46度のお湯を張った容器に、4分間つける。

 

 ③ お湯を一定温度にすべく、さし湯をする。

 

 ④ 4分後に引き上げ、赤くなりにくい方を、確認する。  

  (もしくは、腕の三里の異常側) 

 

 ⑤ 46度以上にして、赤くなりにくい側の腕を、2分間つける。

  引き揚げた腕は、細目に水分を拭き取っておく。

 

 ⑥ 2分後に引き上げ、丁寧に拭く。

   他の部位の汗を拭いたり、着替えたりする。

 

 ⑦ 必要に応じて、水を飲む。

 

 

 


*肘湯、足湯、脚湯、腰湯などの部分浴と、全身浴とは別けて下さい。

 同時にしないで下さい。

 

 部分浴を再度行う場合は、8時間程開けて行って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも参考にして下さい。 「肘湯のすべて」


 

 

 

天心会へようこそ!吉田直樹です。
天心会へようこそ!吉田直樹です。

ディマティーニ・メゾッド

A面B面C面

ダウンロードは、こちら↓↓

2015DMformA_C_JPN (2).pdf
PDFファイル 209.8 KB