「穴追い」とは、何か? (9月~12月初旬限定メニュー)

 

 

<<どんなものなの?>>

 

 

 

中国医学には経穴図、経絡図というものがあります。
体にある経穴が、繋がった図です。
あれを見ていて、不思議に思ったことはないですか?
「どうやって、この繋がりを発見したのだろうか?」と思ったことがあります。

 

「思い付きで作ったとは、思えない!」
「カミサマのご神託であろうか??」
「何か理由があるはずだ!」

と、幼い頃から感じていました。

 

整体は、ツカエを探し、ツカエを解消する技術です。
心のツカエ、運動のツカエ、すべては体のドコかに出てくるものです。
このツカエが形になると、「硬結」という形で体に存在します。
「硬結」とは、神経や組織が、硬く結ばれたものという意味です。

 

この「硬結」は、実に小さく米粒の先ほどの大きさであり、
「処」と言われる体の急処の中に、存在することが多い。

 

これが、心や体の病気の大元です。
病組織自体ではなく、この「硬結」の処置ができれば、
病組織とともに病組織を作り出す心の傾向と体の傾向が、
元から消えると整体では見ています。

 

心と体を変えるのには、この「硬結」の処置がとても重要なのです。
不可欠なのです。

 

 

 

通常、普通の人であれば、この「硬結」は沢山持っています。
みんな「硬結」だらけです。

そして、
この「硬結」は、「硬結」同士で繋がっているという特性を持っています。
まさに芋づる式なのです。

 

例えば、
頭にある「硬結」と足の指先にある「硬結」が繋がっているということも、
よくあります。
遠い距離でも、繋がっているのが「硬結」なのです。

 

 

ですので、
心と体を本格的に治療しようと思ったら、
この繋がりをたどる必要があります。
芋づる式にたどっていく必要があるのです。

この「硬結」同士の繋がりを解消していく技術が、
穴追いなのです。
まさに、芋づるをたどる方法です。

 

 

 

一つの異常が、一つの異常だけで終わることはありません。

 

例えば、
長年の片頭痛持ちの方の場合、あくまで一例ですが、
こうした繋がりがありました。


頭の処の「硬結」 ⇒ 首の処の「硬結」 ⇒ 顔の〃 ⇒ 鎖骨の〃
⇒ 胸の〃 ⇒ ・・・ ⇒ 肝臓の〃 ⇒ ・・・ ⇒ 右足の小指の外側の「硬結」

 

この繋がりを全部解消した時、
この方は本格的に体と心が変わって行きました。

あれだけヒドク捻じれた後頭部が、なんともなくなり、
それまで粗野ガチな性格が変わり、
人当たりの良い本来の良さが出てきたのです。

 

体は色々なところでダメージを肩代わりし合い、補い合っているので、
一か所だけを治すというのでは、意味が薄くなってしまうのです。
(これで、「螺旋的に回復する理由」がお分かり頂けると思います←http://bit.ly/kHQi2i)

全体的な対応が、必要です。
この全体的な対応が、『穴追い』という技術なのです。

 

「処」という穴の中にある「硬結」を追いかけ、
体中を巡っていくのが、 『穴追い』の技術
なのです。
整体独自の技術です。

 

 

 

骨盤からスタートする『穴追い』で、
ヒドイ生理痛が正常化された方もいました。

頭からスタートする『穴追い』で、
脳溢血の後遺症を解消された方もいました。
長年の精神疾患が、『穴追い』を何回か受けることで、
跡形もなく消えたこともありました。

長年の冷え症状が、
いつの間にか消えていたということもありました。

効果のほどは、非常に大きいのです。

 

 

 

人それぞれによって、
ダメージの肩代わりの仕方は、違います。

このオリジナルの経路図を、
『穴追い』で明らかにすることができます。

このオリジナルの経路図に沿って、
「硬結」を追って行くのです。

 

その描かれる軌跡は、
まさに中国医学の経穴図、そのものです。

太古の昔、まだ野蛮な直観の持ち主が多い時代、
この「硬結」を追っていた人がいたのではないかと思います。

「そうして集まった経路図の最小公倍数が、
あの中国医学の経穴図ではないのか?」
吉田は、こう思っています。



 

こわばってしまった心と体のジグーソーパズルを、
一つづつ解いて行くものが、
この『穴追い』なのです。

心と体の回復には最も地道で着実な方法が、
この『穴追い』だと言えます。

 

この技術を是非、ご家庭で家族にして頂きたい。
愉気ができる方なら、誰でもできるものなので、
カンタンな技術ながら説得力がある技術です。

 

 

 

 


<<かかる時間は?>>

 

 

大抵、一時間以上です。

ただ、季節によっても違います。
始める場所(体のスタート地点)によっても、違います。

大抵は60~90分です。 


 

 

 

<<反応は起こるの?>>

 

 

起こります。

 

大きいものが起こる可能性さえ、あります→http://bit.ly/kHQi2i
受けた後に、風邪を引くことはよくあります→http://bit.ly/prqQtR

 

ですので、
整体にご理解があり、ある程度本気の方のみ、
申し込みをお願いします。

 

 

 

 

<<どんな人が対象なの?>>

 

 

希望する、すべての人です。

 

特に心理的な病と、長患いになっている状態に、効果が著しいです

「今年は、ツイてなかった。。。。」
「ヒドイ思いをした。。。。」
と記憶がある方なら、受けることをお勧めします。

 

またそうした記憶がなくても、お勧めします。
一年の厄祓いだと、考えて頂ければと思います。

 

季節が変わる頃になると、この『穴追い』を受けた人だけは、
体の動きがまったく違っている事実を、吉田は何人も見てきました。

違ったステージに立っているご自分に、気が付くでしょう。

 

 

 

 

<<季節の違いとは? 効果は?>>

 

 

基本的に一年中できます。

 

が、日本の気候では、
頭からスタートする穴追いは、9月末~12月半ば
骨盤・肩甲骨からスタートする穴追いは、2月~4月初
の時期に受けるのが、非常に効果が高いです。

 

ただ、その分反応が早く、大きい場合もあります。
「鼻血が出た」
「歯茎が腫れた」
「膿が出た」
という反応は、よくある程度のものです。

 

なので、思い立ったらすぐに受けられることを、オススメします。

 

 


効果は、何に出るかは分かりません。

 

「何にも出なかった」と言っていた人の顔が、
昨年の冬とまったく違って穏やかになっていたということは、よくある話です。


私は、これを観て毎年ひそかに微笑んでいます(笑)

効果は確実にありますが、どんな場所に出るかは正直予想が付きません。

 

(頭の)穴追い

 

 肋骨、骨盤、肩甲骨、頭など季節に相応しい処の硬結を愉氣で、
 終着点まで追いかけて行く操法です。

 時間は掛かりますが、本当のリラックスと体の内部からの変革を、

 体感したい方にはオススメです。

  

 

 

  費用:10,000円 (初診料が含まれています)

  時間:40~90分  

 

 

 

 

*補注 )

 1、どのコースでも、最低一個は、必要な8秒体操をお渡します。

 2、穴追いは複数回受けた方がいいので、セットを用意しました。

   

   4回で、3.4万円。(1回当たり8500円)

   6回で、4.8万円。(1回あたり8000円)

   8回で、6万円。 (1回あたり7500円)

   10回で、7万円。(1回当たり7000円)

   (初診の方は、別途+1500~3000円が必要です)

 

   一括~3分割と選べますが、初診前にお申込とお支払いをお願いします。

   お申込は、 tensin7kouda@gmail.com までお願いします。

   「● 穴追いセット」と件名をして下さい。

 

 

 

 

 

 

穴追いはそれぞれ狙いも効果も異なるので、ご自身にあったものをお選びください。

不明な場合は、どんな些細なことでも、お気軽にこちらまで。

 

操法など関するご質問は、

 080-5502-5055か、

tensin7kouda@gmail.com 

にお願いします。

申込みは、上記の必須項目を記載の上、
必ずメールでお願いします。

 
* ご連絡は基本的に、上記のgmail優先でお願いします。
  電話での行き違いや、時間差を防ぐ目的です。

 

天心会へようこそ!吉田直樹です。
天心会へようこそ!吉田直樹です。

ディマティーニ・メゾッド

A面B面C面

ダウンロードは、こちら↓↓

2015DMformA_C_JPN (2).pdf
PDFファイル 209.8 KB